婦人科で受けることのできる婦人科健診について

婦人科健診とはなにか

婦人科健診とは、子宮がん及び子宮頸がん、乳がんなどの女性特有の病気を早期に発見することができる検診で、婦人科で受けることができます。乳がんや子宮がんなどといった病気は、早期発見できれば完治することも多いため、定期的に検診を受けることが大切です。婦人科健診には様々な項目があり、病院によって調べることができるものや、検査が異なっているため事前に調べておくことが大切です。ほとんどの病院やクリニックは予約制になっているため、電話やメールで尋ねておくと良いでしょう。

検診当日の服装について

婦人科健診当日は、脱ぎ着しやすい恰好で来院するのが好ましいです。子宮がんや子宮頸がんの検診では、内診台に乗って行われます。ショーツも脱いで内診台に上がらなければいけないため、スムーズに検診するためにも当日の恰好は大切です。ワンピースやロンパースなどいった服装は避けることはもちろん、ストッキングやブーツなども脱ぎ着しにくいため気を付けなければいけません。病院によっては、タオルやブランケットが用意されているところもあります。

ホルモン検査も婦人科検診で

婦人科検診では、女性ホルモンの分泌量を知る事ができるホルモン検査を行っているところがあります。女性ホルモンの分泌量を測ることにより卵巣の機能を知る事ができます。そして、無月経や無排卵、更年期障害などの原因を知る事が出来、対策することが出来るのです。ですから不妊治療前の検査として行われることもあります。ホルモン検査の方法は簡単で、採血によって血液検査で調べられます。また、ホルモン検査にもいくつか種類があり、それぞれによって何が解るのか異なるのが特徴です。

女性が人生の主役として頑張れるサポートをしてくれる巣鴨の婦人科。院長は女性なのでとても安心出来ます。