LED照明を導入する!知っておきたいこと3つ

なんといっても電気代が安く済むのが最大のメリット

LED照明が消費電力が低いことは有名な話です。おのずと、電気料金が安くなることは誰もが想像つきますよね。もし、白熱電球から交換したのであれば電気代は約5分の1程度までおさえることができます。蛍光灯の場合はほぼ同等から、若干電気代が安くなります。最も重要なのは、LED照明の寿命が長いこと。従来の照明が数千時間程度が寿命であったのに対して、LED照明の場合は約4万時間の寿命があります。頻繁にオン・オフを繰り返したとしても寿命には全く影響しません。取り替えコストを考えても安くなりそうですね。

まだLED照明は高価な傾向!初期投資は確保すべき

LED照明に踏み切れない人には、その照明器具の価格が高いことが一つの要因になっているのではないでしょうか。確かに、従来の蛍光灯や白熱球タイプの照明器具と比較すると高価な傾向にあります。店頭価格で2倍くらいすることもあるようです。しかし、LED照明は寿命が長いのです。短命な従来の蛍光灯の照明器具を2回買ったと思えば、LED照明の価格の高さも多少は目をつぶれるのではないでしょうか。長い目で見てどちらが得かを考えることが大切なのです。

オフィスにおすすめ!そのまま交換できる蛍光管がある

会社のオフィスなどは照明器具の使用時間が長いです。そのため、消費電力の低いLED照明に交換した場合のコストメリットは莫大です。しかし、LED照明に交換するためには大がかりな工事が必要だと考えてしまい、なかなかLED照明導入に踏み切れない経営者も多いのではないでしょうか。でも、従来ついている蛍光灯にそのまま取り替えられるタイプのLED照明が存在しているのです。これであれば大がかりな工事は必要ありません。思い切って導入してみてはいかがでしょうか。

LEDライトパネルは綺麗に点灯させる事が出来ます。そして、字などをしっかりと照らす事が出来ますので宣伝に最適です。